外壁工事

■お住まいの顔「外壁」は、防水性が命!セルフチェックで工事のタイミングを見極めよう
外壁工事は、お住まいの寿命を延ばすためにも欠かせないメンテナンス。
ひび割れやシーリング(目地材)の劣化補修はもちろん、10年に一度を目安に塗り替え工事を行いましょう。
お住まいの寿命を延ばすためには、防水性を高めることが何よりも重要。
こまめに塗装工事や修繕工事を行うことで、水の浸入経路をシャットアウトし、外壁の強度を保ちます。
以下のチェック項目に当てはまるものがあれば、そろそろメンテナンスのタイミング。外壁工事をご検討ください。

□外壁にひび割れがある
□シーリング(目地材)が割れている、痩せている
□塗膜が浮いている、または剥がれている
□外壁を手で触ると白い粉がつく
□外壁の日当たりの悪い場所に藻や苔が生えている
■こんな工事を承ります!
◎塗装工事
塗装は建物をコーティングし、紫外線や雨水から外壁を保護する役割を担っています。
樹脂系サイディング以外の外壁素材は、10~15年に一度、塗り替えが必要。
塗膜の剥がれが外壁に見られるようなら、急いで工事を行いましょう。

◎外壁補修工事
ひび割れや欠損、モルタル層の浮きなどを補修し、漏水を事前に防ぎます。
劣化の程度に応じて、注入工法や充填工法など、適切な施工を選択します。

◎シーリング工事
シーリングとは、目地や部材同士の隙間を、合成樹脂やゴム製のペーストで埋めること。
雨水や外気の浸入を防ぐ役割があるため、ひび割れや痩せが見られるなら打ち替え工事を行いましょう。

◎張替え工事
外壁の張替え工事は既存の外壁をすべてはがすため、下地や段熱材など建物内部のメンテナンスを同時に行うことができます。
また、既存の外壁の上に新しい外壁を重ねる「重ね張り工事」では、外壁が2重になり、遮音性・断熱性も高くなります。

一覧に戻る

▲TOPへ